純度が重要

プラセンタ注射と献血の関係

近年、美容面で注目されているプラセンタには即効性のあるプラセンタ注射というものがあります。
プラセンタの種類は2種類、飲むタイプと注射のタイプです。

そして、プラセンタの主成分は2つにわかれています。
動物性と植物性の違い、そして動物性の場合はヒト、馬、豚、羊などの胎盤から抽出されるもの、そして植物性は大豆等から抽出される胎座を用いたものになります。
動物性の中で「ヒト」のプラセンタに関しては医療機関でしか使用してはいけない決まりになっています。

そして、献血上の問題としてプラセンタ注射を一度で行った人は感染症の危険を徹底的に排除する為に禁止されています。
プラセンタの効果は非常に優れていますが、注射を受けてしまうと即効性を用いることと引き換えに、献血等が出来なくなってしまうということだけを考えてください。
これは2013年現在の話です。
今後のことは改善されていくかもしれませんが、どうして禁止かというとプラセンタが胎盤から抽出されるものだからです。

危険性は限りなく低いですが、もしも胎盤が何かの病気に感染してしまっていた場合、それを処方された人は病気になってしまいます。
その血液を献血して、医療に用いた場合は当然のように病気を引き起こしてしまうかもしれません。
こういう輸血感染を引き起こさない為に禁止にされています。
治療するはずの医療行為が、輸血感染を引き起こしてしまってはいけません。
ですが、現状としてそのような問題は報告されていません。
医療行為とは「命を守る為」に行われていますので、そういう危険性が少ないとしても徹底的に気をつけていかないとならないのです。

このようなことがあるといっても、プラセンタ注射の効果を侮ってはいけません。
その優れた効果は素晴らしいものです。
肌のケア、極度の疲労の緩和、美容効果、冷え症改善、ホルモンバランスの安定などが即効性として感じれます。
結果としては、長く続けないとなりませんが、処置することでこのような効果を感じれます。

受ける前は一度考えてみて、本当にプラセンタ注射を処置すべきなのかを考えましょう。
不安な場合は各クリニックに相談するのも良いかもしれません。
自分にあったプラセンタ治療を行っていきましょう。
Copyright(C) 吸収率の高いサプリメント All Rights Reserved.